自動車に対する思い出として私のなかで強く印象に残っているものと言えば、それは嫁さんと結婚する前にスカイラインでドライブを楽しんだことです。当時の私は燃費などは全く気にしない人でとにかくスポーツタイプの自動車が大好きでした。

その中でも好きなスポーツタイプの自動車と言えば、それはスカイラインでした。そのスカイラインに乗って嫁さんを乗せて九州にドライブに行けたことが私にとって何よりの思い出となっています。出発地は神戸だったのですが、大阪まで自動車を走らせてフェリーに自動車を乗せて九州に向かいました。

ドライブも楽しいものですが、フェリーに自動車を乗せて楽しむというのも面白いものだと思いました。九州に着くとそこからはスカイラインで阿蘇山へと向かいました。そこまでの道のりは大きな道路で好きな音楽を掛けながらドライブを楽しみました。道中ではウェスタンスタイルの乗馬クラブかあって立ち寄って行きました。自動車のすぐ横を馬が掛けることがあって、これもユニークなものであったと思います。

嫁さんは動物好きであるので、楽しんでいた顔をよく覚えています。このドライブがきっかけとなって嫁さんと結婚することになりました。これが結婚前の嫁さんとの最高のドライブでした。

ダイハツから販売されているキャストは、様々な走行シーンに適応した走りを見せるモデルとして人気を集めています。軽自動車の中では新たなジャンルを開拓するモデルとして、発売された当初から話題を集めているのではないでしょうか。複数のグレードが設定されており、走行性能や外装などの複数の側面で差別化が図られているのではないかと思います。そのような点も、幅広い年代層からの人気を確固たるものとする要因になっていると言えるでしょう。

昨今は軽自動車に対して、環境に配慮しているかどうかが重要視される傾向にありますが、キャストはトップクラスの低燃費を実現させています。そのため、経済的にも安心して乗れる軽自動車としてクローズアップされるようになり、徐々に人気を拡大させてきているのではないかと推測されています。

今後も様々な面で軽自動車の中では優れた部類に属していくと予測されており、キャストがこれまで以上に人気を博していくのではないかと思います。男女によってはどのグレードを選択するかに違いがあると考えられているものの、キャストのモデルが全体として人気を集めていくと予測されており、多くのところで期待が寄せられるのではないでしょうか。

私の仲間はポルシェのカイエンターボに乗っています。

その仲間は女性でミニスカートを履いて乗っています。

値段は新車で2,200万円
します。

私とその仲間はITで稼いで乗っています。

仕様がかなりいいです。

その仲間とはかなり稼いでいます。

私的にポルシェは女性が乗るのがいいと思います。

男はランボルギーニです。

早く来年にならないかなって感じです。

来年はランボルギーニのウルスの発売予定です。

でもまだまだお金をもっと稼がないとです。

今私はG 65 AMG に乗っています。

今年はどうしよっかなって思っています。

なんで私がこんな高級車に乗れるかはもう何年も勉強をしたからなんです。

車が好きでたまらなくて仕事を頑張ったんです。

読んで書く事が出来れば稼げるライターの仕事をしています。

去年はカイエンターボに乗っていたんです。

私は年に一度車を交換するのも夢だったんです。

それも出来るのようになったんです。

基本的にSUVしか乗らないのと車を手放す時は仲間にそのまま安価で売却します。

仲間が出来たら稼げる仕組みを渡します。

女性がSUVに乗っているのは嬉しいです。

来年になればウルスが発売なのでかなり楽しみではあります。

基本的にウルスに乗りたいです。

首を洗って待ってます。

車が好きな方、パンフレットは良くご覧になると思います。ですが、絵本ですごいのを発見してしまいました。

たまたま絵が好きなかたに、「すごく良い絵本があるんだよ」と紹介されたものです。もちろんその方は、私が車好きなんて、全く知らなかったはずです。

その絵本の名前は「ダットサン」。そのまんまです。絵本の主人公がダットサンで、仲間のエスハチくんとヨタハチちゃんが登場します。そして、エヌコロまで出てきます。旧車好きにはたまりません。悪者に捕われた仲間を助ける話なのですが、この悪者がプリマスです!!絵本の中にはランボルギーニ カウンタックやトヨタ2000GTなどなども描かれています。もちろん、ちょい役ですが、絵は名前を聞かずともわかります。名車ぞろい、、、とはこのこと。

そして、絵が本当に緻密で、この作者さん、相当の車好きだよ~、と感嘆してしまいます。こんなに精密に車の絵がかけるのに、絵本だけではもったいない!と思うほど。

そんな風に車好き目線で見ていると、絵本の内容が頭に入っていかないわけですが、、、。内容も、とても正義感があふれています。

ぜひ本屋さんに行った時には、いつもの車の雑誌コーナーだけではなく、児童書コーナーも覗いてみてください。きっと、ビックリしますよ。

仲間4人で弦楽四重奏アンサンブルを組んでいます。

4人も集まると自宅で練習と言うわけにもいかず、広い練習場所を借りて活動していました

どこへ行くのにも電車を利用。

でもチェロ弾きの私には改札は狭いし、楽器は重いし、楽器のほかにも荷物はあるしで電車での移動が結構大変だったんです。

そこで車を購入する事にしました。

車があれば遠出がずいぶん楽になりますからね。

折角車を買うのなら仲間全員乗せられるものがいいな、と言うことでチェロ、ヴァイオリン2つ、ヴィオラの4つの楽器と荷物が載せられ、更に4人が乗れる車を探す事に。

そうして購入したのがトヨタのカローラフィールダーでした。

ちなみにこれが初めてのマイカーです。

荷物も積めて、5人まで乗れる。

その上ハイブリッド車なので燃費もいい。

実用性の高さに惹かれて選んだ車です。

先日この車で仲間を乗せて、合宿旅行に出掛けました。

仲間はみんな車を持っていないので、こうやって車で出かけるのは初の体験。

楽器を全て積み込んで出掛けられるのはとてもいい気分ですね。

電車だと座席の心配をしたり、乗り換えるたびに重い荷物を抱えたりとなかなか大変ですが、マイカーだとそんな心配もありません。

また、仲間だけの空間なので乗客に気を配る必要もなく、何の気兼ねもせずに過ごせるのも車ならではでしょう。

おかげで大変楽しい、思い出深い旅となりました。

愛車となったカローラフィールダー。

新車で買ったので高い買い物でしたが、初めてのマイカーに満足しています。

車の免許は18歳になったら取りにいくのが当たり前のように考えていて、早々と取得しにいくことになりました。後々のことを考えてみても、免許証を提示することが多くて、誰でも取得するのが当たり前なのかもしれません。顔写真があるから、他の身分証より効果がアップします。車の運転免許なのに、使い道がいくつもあります。

マニアックに考える知人は、免許証に表示されている、大型~、というところも含めて、一個ずつ全部制覇しようとしていることがあります。取得したら丸が付きますが、ぜんぶ丸にしたいようです。また、免許の色をできるだけグレードアップするように考えています。

これまでは運転免許は普通のみの取得だから、その部分だけが丸になっています。色のほうは残念ながら初期の状態で、というのが駐車禁止を何度もやっていたためです。駐車禁止をやると、更新のたびに講習が1時間といったのがあり、なるべく聞きたくないかもしれない説明を聞いて、車の危険性のVTRをみて、過ごすことになります。

比較的退屈で、開けて読んでもつまらない教習本をもう1回開けて、長い説明に入ります。それを終えてからようやく免許証を受け取れるという流れになっていて、できることなら受けたくないものです。

車が好きで、かなりの台数の車を乗りかえてきていますが、その中でも色々な意味で印象的だった車は、Fordのkaという車です。Fordのkaという車は、現在では生産されておらず、過去の車になってしまいましたが、ヨーロッパフォードが作っていた小型車です。

何といってもそのデザインがとてもかわいく、ディーラーで一目見た時から気になって仕方なくなってしまった車です。車両価格は新車で150万円ほどでした。外車にしてはとても安い部類なのでしょうけど、その代り2ドアですし、値引きもありませんでした。

購入の決め手になったのは、たまたまその時日本で50台限定カラーが販売されていた点です。それはとてもきれいなイエローだったのですが、たしか、小室哲哉率いるglobeとのコラボという事だったと思います。当時あまりテレビをみていなかったのでわかりませんが、CMもグローブが出ていたとのことだったと思います。その、限定50台にやられてしまい、何回か見に行った結果、あっという間に購入を決意してしまいました。

その後、家族構成が変わり、2ドアの車では手狭になったため、売却を余儀なくされたのですが、その時のリセール価格の安さには笑ってしまいました。外車は価値が下がるのが早いのは想定内だったので問題はありませんでした。それより、かわいい車でいろいろなところにドライブに行けたのが、今では良い思い出です。

ホンダのライフに乗っていますが、いつの間にか車のボディに小さな傷がついてしまっています。特にドア付近に線キズが複数ついており、ちょっと気になります。

早速ホームセンターやカー用品店に行き、キズ消しに関する商品をいろいろと物色しました。色もメーカーごとに合った商品が多数販売されており、本格的です。そんな中、あらゆる色に適した万能のコンパウンドという商品を購入することにしました。あまり本格的な商品は技術を必要としますし、一歩間違えると修復する前よりも見た目が悪化しかねないからです。価格も手ごろだったので迷うことなく購入しました。

まずはキズ消しに先がけて洗車を行い、いざキズ消し。説明書の通り進めていきますが、思いのほか簡単で、あっという間に終了。効果については少々不安もありましたが、無数にあったキズがきれいに消えている。あまりに深い傷は消えないとのことですが、私の場合1ミリにも満たない線キズでしたので、見事に消えてなくなりました。

近所で駐車場を借りていますが、ある朝、車をバックした時に、他の車にぶつけてしまいました。バックモニターしか見ていなかったのが第一の原因です。

ですが、とても天気がいい日で、その車が光を反射し、とても眩しかった事も理由の一つでした。眩しくて、後ろに視線を向けるのが辛かったのと、バックモニターに映る車がいつもと違って見え、距離感が狂ってしまいました。

その後はとても動揺してしまい、警察を呼ぶべきか、車の持ち主さんが分からないのでメモでも置いた方がいいのか、咄嗟に何も考えられなくなっていました。近所でお詫びのお菓子とお酒を買ってきたものの、誰に持って行ったらいいのかと悩みました。数時間経って落ち着いてからまた車を見に行きましたが、その時、人間の心理というものを知る事となりました。私の目には、全く傷や凹みが見えなくなっていたのです。全く大丈夫だと思いこんでしまいました。

人身事故で人を轢いた記憶のない人は、このような心理状態になるのでしょう。私は人身事故など起こしていないと。ですが、しばらくして、その車の持ち主さんが「ぶつけませんでしたか」と訊いてきました。私は否定することなく、何度も何度も謝り、お詫びに買っておいたお菓子とお酒を渡しました。

その後は保険屋さんに連絡し、全て保険で修理をしてもらう事ができました。ほんの少しの傷でも修理代は24万円もかかり、普段はお世話になる事がない自動車保険がどれほど大切な物か知る事ができました。

私の家では、毎朝車に水をかけて洗っていました。

その理由は、フロントガラス、ボンネット、ドアガラス等に付着する白い微粒子のためです。

私たちは、白い微粒子について、近くの畑の泥埃が付着するとか、近所の工事現場から埃が出ているとか、終いには、人為的ないたずらではないかと推論をたてました。

一応、防犯カメラを取り付けましたが一向に犯人は現れませんでした。

花粉かもしれないとも思いましたが、白い微粒子は年中無休で付着しています。

さすがに堪りかねた私たちは、専門業者を呼び分析してもらうことにしました。

白い微粒子には、予想通り花粉が含まれていました。見せていただいた画像には、水を与えると破裂する花粉が映っていました。

しかし、花粉以外のものも含まれていました。それは、極小のアスファルトの破片や砂でした。かなりの交通量がある道路なので、それが巻き上げられた可能性があるとのことでした。

私たちは対策として、車にカバーをかけるようになりました。

そのおかげで車に白い微粒子が付着することはなくなりましたが、出かけるたびにカバーを外すのは大きな手間になっています。

今後は、しっかりとしたガレージで車を保護する計画を立てています。