自動車に対する思い出として私のなかで強く印象に残っているものと言えば、それは嫁さんと結婚する前にスカイラインでドライブを楽しんだことです。当時の私は燃費などは全く気にしない人でとにかくスポーツタイプの自動車が大好きでした。

その中でも好きなスポーツタイプの自動車と言えば、それはスカイラインでした。そのスカイラインに乗って嫁さんを乗せて九州にドライブに行けたことが私にとって何よりの思い出となっています。出発地は神戸だったのですが、大阪まで自動車を走らせてフェリーに自動車を乗せて九州に向かいました。

ドライブも楽しいものですが、フェリーに自動車を乗せて楽しむというのも面白いものだと思いました。九州に着くとそこからはスカイラインで阿蘇山へと向かいました。そこまでの道のりは大きな道路で好きな音楽を掛けながらドライブを楽しみました。道中ではウェスタンスタイルの乗馬クラブかあって立ち寄って行きました。自動車のすぐ横を馬が掛けることがあって、これもユニークなものであったと思います。

嫁さんは動物好きであるので、楽しんでいた顔をよく覚えています。このドライブがきっかけとなって嫁さんと結婚することになりました。これが結婚前の嫁さんとの最高のドライブでした。

ダイハツから販売されているキャストは、様々な走行シーンに適応した走りを見せるモデルとして人気を集めています。軽自動車の中では新たなジャンルを開拓するモデルとして、発売された当初から話題を集めているのではないでしょうか。複数のグレードが設定されており、走行性能や外装などの複数の側面で差別化が図られているのではないかと思います。そのような点も、幅広い年代層からの人気を確固たるものとする要因になっていると言えるでしょう。

昨今は軽自動車に対して、環境に配慮しているかどうかが重要視される傾向にありますが、キャストはトップクラスの低燃費を実現させています。そのため、経済的にも安心して乗れる軽自動車としてクローズアップされるようになり、徐々に人気を拡大させてきているのではないかと推測されています。

今後も様々な面で軽自動車の中では優れた部類に属していくと予測されており、キャストがこれまで以上に人気を博していくのではないかと思います。男女によってはどのグレードを選択するかに違いがあると考えられているものの、キャストのモデルが全体として人気を集めていくと予測されており、多くのところで期待が寄せられるのではないでしょうか。